多治見・可児市で新築ならクロネコハウス|ローコスト住宅専門店

イベント情報

ローコスト住宅のオプションについて解説します!|2020年8月17日

低予算で注文住宅をお考えの方で、何がオプションに相当するのかお悩みの方は多いのではないでしょうか。
そこで本記事では、ローコスト住宅のオプションの種類や注意点について解説します。

 

□ローコスト住宅のオプションには何が含まれるの

まず、ローコスト住宅のオプションには具体的にどのようなものがあるかを解説します。

 

*設備の向上につながるオプション

住宅の使い勝手には、水回りが大いに関係します。
中でもお風呂やキッチンの設備にこだわりたい人は多いのではないでしょうか。
ローコスト住宅の設備は基本的なものが多く、機能や仕様をグレードアップしたい場合、オプションとして追加料金を支払う必要があります。

 

*断熱性向上のためのオプション

断熱性は住宅の快適性を左右するだけでなく、光熱費の削減にも繋がる大きなポイントです。
考えられる方法としては外断熱や遮熱シートを施工する方法があります。
また、窓のサッシをグレードアップして複合窓にするのも有効な手段です。

 

*内装と外装のグレードアップに繋がるオプション

ローコスト住宅では、どうしても内装や外装も最低限なものになりがちです。
しかし、オプションを導入して、耐久性や断熱性の高い屋根用遮熱塗料の塗布は可能です。
また、内装ではこだわりの空間を作るため、床や建具に無垢材を使用したり、壁に漆喰を塗布したりするといった工夫が見られます。

 

□ローコスト住宅でのオプションに関する注意点とは

オプションを行ううえでの注意点は、何といっても価格が高くなる点でしょう。
いくらローコストとはいえ、理想を追ってオプションを重ねていくと、通常の注文住宅よりも高い金額になってしまいます。
さらに、通常の注文住宅では標準装備となっている設備でも、ローコスト住宅ではオプション価格での取り付けとなる可能性があります。

例として、ローコスト住宅では建築コストを抑えるために全室洋室が標準仕様になっている他、コンセントの数が少ないことがあります。
オプションをつける際には、それは本当に必要なオプションかどうかをよく考えて、優先順位の高いものから施工することが重要なポイントです。

 

□まとめ

今回はローコスト住宅におけるオプションの種類や注意点について解説しました。
オプションをつける際は、優先順位の高いものから施工することが重要なポイントでした。
しっかりと取捨選択して、後悔のない注文住宅にしてくださいね。
ローコスト住宅についてきになる方は、ぜひ一度お問い合わせください。

アルファテック LINE@友だち追加友だち追加
アルファテック
TOP
イベント予約