多治見・可児市で新築ならクロネコハウス|ローコスト住宅専門店

イベント情報

ローコスト住宅でお悩みの方へ!ZEHについて解説します!|2020年6月24日

住宅に関する費用を抑えたいとお考えの方で、光熱費についてお悩みの方は多いのではないでしょうか。
そこで本記事では、そういった方におすすめの「ZEH」というシステムについて解説します。

□ZEHの概要について解説します!

住宅の関心のある方でも、ZEHという言葉に聞き覚えのある方は少ないのではないでしょうか。
ZEHとは、「Zero Energy House」の頭文字を略したもので、簡単に言えば「エネルギー創出量がエネルギー消費量を上回るシステムを備えた住宅」を指しています。

一般の住宅では、空調機器や照明器具の使用に天然ガスや石油といった多くのエネルギーが日常的に消費されています。
エネルギー消費量を一般の住宅よりも削減し、太陽光発電やエコキュートを用いてエネルギーを自給自足する点が、ZEH住宅の最大の特徴です。

ZEHとして国に認定されれば、条件次第では補助金が下りる可能性もあります。
その条件は様々ですが、「エネルギー削減」「エネルギー創出」、そして「断熱」の3つを満たしているかが重要なポイントです。

□ZEH住宅のメリット、デメリットって何があるの?

ZEH住宅のメリットの1つは、ガスや電気の自家創出が可能なため、電気が止まってもそれらを使用できることです。
震災や台風といった災害の際、停電によるインフラの停止が必ずと言って良いほど発生します。
停電時であっても、自家発電した電気を使えるのは魅力的ですよね。

2つ目のメリットとして、上記に述べた補助金が得られる点です。
補助金は抽選で対象者が決定するため完全ではありませんが、住宅にかかる初期費用の負担が軽減できるのは大きなメリットでしょう。

3つ目は、エネルギーの一括使用管理ができる「HEMSシステム」の存在です。
このシステムは住宅の全ての電気機器と繋がっており、電気の使用量を常に最も効率の良い配分で制御する機能があります。
照明をつけっぱなしにするなど、知らず知らずのうちに電気を使いすぎた経験のある方は多いと思います。
機械が電気をコントロールすることで、そういったヒューマンエラーを未然に防げるのは嬉しいポイントですよね。

反面デメリットとしては、一般の住宅よりも費用が高くなる点です。
太陽光パネルや上記のHEMSといった設備を備え付けるため、通常の住宅と比較して200〜300万円ほど高くなるパターンが多いです。
しかし、光熱費は一般の住宅よりも節約できるため、長期的な視点から見れば初期費用のマイナスを挽回できることもあり、コストがかかるとは言えません。

□まとめ

今回はZEH住宅の概要やメリット、デメリットを解説しました。
ローコスト住宅の選択肢の1つとして、今回の記事が参考になれば幸いです。

アルファテック LINE@友だち追加友だち追加
アルファテック
TOP
イベント予約